beat haze odyssey

beat haze odysseyの意味とは?
  あんまり意味はないんですよ。最初ね、ロックンロール・オデッセーとかさ、オデッセーって言葉を絡めたかったの。それもあんまり意味なくてさ。「2001年宇宙の旅」が結構好きな映画なんで。それにロックンロールとか音楽のことが絡んでなんかそんなんでツアーのタイトルにしてやりたいなって思ったんで。そんで、それじゃぁちょっとストレートなんじゃない?ってスタッフに言われたんで。で、ビート・ヘイズってカッコウイイんじゃないって。アルバムタイトルとしては、なんかこじつけだけど、意味合いとしちゃあ面白くとれてると思うんだよ。今までのビートの検証っていう意味では、そうれはけっこうふさわしいよ。”ヘイズ”っていう言葉が入ってるから余計なんか、良く分からないとか霧に包まれてるとか、そういう感じに聞こえるけれども。
21世紀に向けて今までやってきたものを検証して、オレなりにまとめてみました、と。



OUTSIDE BEAUTY
  (−8ビートだけど4小節ごとにスネアがブレーキをかけるように鳴る)
スタタンッてね。フー・ファイターズでああいう曲あるんだよね。ちょっと止まった感じになるのと、あとは叩いてるのがビニー・コライウータだからさ。どうしても前倒しな感じはないよね。世界一うまいドラマーだと思うけど、「OUTSIDE〜」みたいな曲は日本人のほうがうまいかもしれないね。

Girls Be Glamorous
  ステージで盛り上がりそうな曲ってとこで、もう完璧に掛け合いの部分も入れるつもりで作ってる。”Yeah!”って入ってるとこ、ちょっと難しいね、覚えるの(笑)。俺も歌詞カード見ないと歌えないもん、掛け合いの部分(笑)。歌詞を書いてくれた森雪之丞さんにもメールを書いたんだけどさ、そこは。そしたら、”書き直しますか?”って言ってくれたんだけど、もう歌入ってたんで面倒臭いからいいですって(笑)。これはファンは歌えませんっていう話で。

幻想と真実
  (ZEPP大阪でのMCより)
ここ2年くらい一緒に仕事するようになった森雪之丞が書いてくれた曲で、いわゆる職業作家っていうんじゃなく、ホントに音楽好きっていうか、もう一人のバンドメンバーみたいな感じで。彼が書いてくれた「幻想と真実」っていう曲をやります。

PRESSURE
  最初いただいた詞なんかは、キャラクターとして、プレッシャーに押し潰されそうというシリアスな内容だったんで。人前で歌うのに、あんまり愚痴っぽいのはね(笑)。もうちょっとプレッシャーを楽しむ的なものになりませんかっていう話は(雪之丞さんに)しましたね。

The Vacant World(Without Love)
  ああいう曲はやっぱり、ビニーとマイケル・ランダーと、トニー・フランクリンだからああいう空間になるってところもあるけどね。あれは日本人より絶対良いよね。今までのセッションで見た3ビースの中でいちばんうまかった。本人たちも、そういう曲だとやりやすいし楽しいみたいだよね。俺が、”プレイが最高”っていうと、”いや、曲が良いからだよ”なんつって調子いいこと言ってくれるんだけど。

Julia
  Juliaとかこういう感じのものは、俺のファンは好きだろうなっていうのは想定して書いてますね。

ONE
  (反町に書いたセルフカバーはいつかやろうと?)
いや、そうじゃなくて、MELLOWの時にアルバムのコンセプトに入ってなかったのと、あの時は、そこまで仕上がってなかったんですね。これもレアですよね。ロックっぽい感じがしますよね。

魂を抱いてくれ(nylon-guitar version)
  結構いいと思う。アコギしか入ってないから、縛るものが何もないんだよ。リズムが邪魔して絡まなきゃいけなかったりするんだけど、スティーブのギターだけだから。結構ボーカルで行きたいように行けちゃう。だからそれはオリジナルよりいいと思うよ。歌い方もパッションも…ね。

これ、みんないいって言ってくれて良かったですよ。スティーブがフランスに行く前の日、6時間くらいでギターを録って、エンジニアを呼んで3時間か4時間でミックスしたんですよ。今まで、俺って、そういうレアものをCDにするってなかったんで。そういう意味じゃ面白いですよね。

Believe(nylon-guitar version)
  「魂を抱いてくれ nylon-guitar version」のとき一緒に録ったものですね。こっちの方が、ちょっと音が悪いです。

Still The One(rare mix)
  もともとあったMELLOWのバージョンのリミックス。

(おまけ♪)
GONNA BE ROGUE?
  俺のファンは”濃い”からさ、アルバムからのシングルカットだけじゃ許しちゃくれないと思うんだよね。






オデュッセイア [Odysseia] (大辞林より)
オデッセイの英語名:
ホメロスの作と伝えられる長編叙事詩。トロイ戦争から凱旋(がいせん)の帰途難破し、10年の漂流生活ののち帰国したオデュッセウスが、留守中妻に言い寄った男たちを皆殺しにする物語。オデッセー。



ALBUMへもどる


直線上に配置