The One Night Stands
-tour"Collective Souls"1998-

最終日に言い放った「お前達が俺のプライドだ」…        1999年9月
  あれは本音だよね。MCは予定調和じゃないじゃん? そういった意味で大切なものだから、ライブアルバムの収録のときも、あのMCは入れなかったんだよね。あの場にいた奴らのために、あいつらがエネルギーをくれたからこそ出た言葉だから。相手のエネルギーを吸収したその場で発散する、演出じゃない本音だからさ。それはどういうふうにCDに加工しようが何をしようが、やっぱりライブの空気感は越えられないからCDには収録しなかったし、そのぐらいあの場において俺の本音が出たMCなんじゃないかな。俺のファンには100点満点をあげたいなってあの瞬間はすごく思ったよ。
なんかすごいストレートなセリフだけど、「本当に音楽をやっていて良かった」みたいなことを、本当にあのツアーの最終日は一番強く感じたし、それがあるから自分が音楽をやっていけてるんだなっていうのも感じたよね。だって俺はもともとライブハウス出身の人だしさ。

 



ALBUMへもどる


直線上に配置