TOUR 2007



日程 2007.2.24 市原市市民会館〜
    5.27 長野県県民会館



members 
drums : Charlie Paxson
bass : Fumiaki Nishiyama
keyboard : Shuuichi Oshima
guitar : Takeshi Honda
guitar : DAITA



2/24 市原
初日〜!!久々のヒムロックは調子良くいい感じでした!
さすが初日だけあって、アットホームな感じで「俺のファンは何度もライブに来るから、またどこかで会おう」とのこと♪
投げキッス数回&ペットボトル1回投げて超ご機嫌でした!
MCでは「PODCASTで人とうまくやっていけない人が多いと知って、そいつらのために贈ります」と、ソロデビュー時代の管理人的には珠玉の1曲を演り、本当に感動しました。。
最後アンコール終了後「じゃ、またどこかで・・・」と去った後、氷室コールが止まず、誰一人帰ろうとしませんでした!!!
(2004年の羽生のよう!羽生の後、ヒムロックが公式メッセージで「ANGELでもやればよかったな・・・」と言っていたのを思い出し、絶対出てくると確信していた管理人でした。。)




2/25 静岡
静岡Baby!!サイコー!
静岡は2003年・2004年ツアーともに思い出の場所だったのですが、予想通り盛り上がりサイコーの一夜でした!!ヒムロック曰く「静岡は全国で1・2を争う」ほど熱い場所だとのこと!
ヒムロックもまだラフな感じで、途中フロントでペットボトルが倒れるとスタッフと一緒にタオルで拭きに行ったり、本編最後の曲でカウントがあわずやり直した時もうまく(?)その場を切り抜ける場面がありました。
今日シビれたのが、本編終盤での新曲で、ヒムロックを中心にホール全体の拳が向かっているのを、後方からみていて震えを感じました・・・。その時のヒムロックの恍惚な姿。あれこそロック。会場全体がヒムロックに向かっている。この瞬間がすべて、と感じて改めてヒムロックの素晴らしさに感動しました。

3/2 多摩
東京Baby!久々の東京(管理人地元寄り♪)ということもあり、かなり気合い入っていました!!
初日・2日目と少しセットリスト変えてきました。(ノリやすくなりました^^;) MCはほぼなく、本編中盤に1度曲前にその曲に対する思いのこもったコメントと、アンコールのしょっぱなの1曲目だけでした。メンバー紹介もあっさり。しかし、久々の東京は会場も狭く一体感がありやはり盛り上がりました!!
まだまだ長いツアー、これからどのように進化していくか楽しみです!

3/3 宇都宮
カモォォ〜〜〜ン宇都宮!!!
これまでで最高の盛り上がりだったのではないかと思うくらいのヒムロックと会場の一体感!!やはり北関東〜〜サイコー!
ペットボトルも2〜3本、なんと本編途中バスタオルも投げる!そしてなんと、あのカバー曲ではメガホン登場で会場はヒートアップ!誰の発案かわかりませんがナイス演出!AFI好きの管理人久々にヘッバンしてキレまくりましたー。あの声でパンクやられたらたまりません!!(感涙…)

3/17 名古屋初日
名古屋ベイベー!ナウ!!
第二の故郷!とは言いませんでしたが、やはり名古屋は盛り上がります!セットリストもアンコールでこれまでから少し変えてきました。宇都宮で登場のメガホンで「カモーンベイベーナウ!!」と叫んで会場が超ヒートアップしました!!
盛り上がりすぎてよく覚えてませんが、本編終了時まだまだやるぜ!!とノリノリのヒムロック、実は本編が最後の曲だったらしく、バスタオルをもって手持ち無沙汰に・・・。しかーしそのまま会場に投げるヒムロック!!ペットボトルもタオルも投げて最前ハイタッチもありWアンコールありの最高の名古屋の夜でした!

3/17 名古屋2日目
2Daysでセットリストを変えると公言してきたヒムロック!ようやく名古屋で聞くことができました!05-06年のカウントダウンを彷彿させるような曲たちばかり!感涙ものでした〜〜。
2日目もバスタオル投げてご機嫌のヒムロックでした♪今回はかなり舞台&照明が凝ってる!と名古屋でじっくり味わうことができました。まるで客席も主役であるかのような演出にジーンときました。いつ来ても名古屋はサイコーです!

3/23 福岡初日
博多ベイベー!!
ライブ前半は硬い感じがありましたが、後半途中からキレまくりでそのままWアンコールまでいきました〜!
アンコール前のMCではこれまでで一番と思うくらい(!?)よく話してくれ、「昔若いころ福岡ですごいバンド(?)がいてここはいつも緊張するんだけど、今日はみんなからパワーをもらうことができた」(うろ覚え)と会場に感謝するコメントに感激!また、途中スタッフとのやり取りで何かあったのか、何か左側のスタッフに呼びかけるシーンもあって少しヒヤヒヤしましたが、大事には至らなかったようで安心しました^^; Wアンコールもありツアー中盤に向けて手応えありの福岡初日でした!!

3/24 福岡2日目
愛してるぜめんたいベイベー!!
「福岡は毎回来てるけど、ここホント愛してます!!」今回はこの一言に限ります!!博多サイコー!!管理人的にも福岡は過去何度も来ていますが、これまでで一番ではないかと思うくらいの会場の一体感でヒムロックの調子もノリも最高潮でした!しかも、2日目で初のWアンコール!アンコールではこれまで見たことがないスウェットで登場♪何も言うことありません。。

3/28 東京初日
帰ってきたぜ〜〜東京!
久々の東京!やはり東京は盛り上がります〜!東京ベイベー最高でした!!!
今日はMCも多く、「最近日本の流行言葉はよく知らない」とか「これから30数本ある長いツアーだけど、今日みんなからパワーをもらえた」などなど、東京ではリラックスできたのかよくしゃべってくれました^^ バンドのグルーヴもようやくまとまってきたようで、ヒムロック的にも超ノリノリのステージでとても一体感がある夜でした♪会場の東京ベイベーに感謝!

3/29 東京2日目
今日も盛り上がりました!東京ベイベーナウ!
「オレは知っての通り東京出身ではないけど、東京は地元!」と言うくらい、超楽しそうにリラックスしてました♪アンコールもいつもと少し変えてきましたが、Wアンコールありで大満足の東京シティでした♪バラードを心をこめてしみじみと歌うヒムロックの豊かな声量に乾杯!ホントに心に染みてきます(泣)

3/31 群馬初日
帰ってきたぜ前橋ベイベー!
やってきましたヒムロックの地元〜!と思ったら、実は地元に帰ってくるのは気が重いとか・・・(汗)しかしファンの間では聖地になってんだよな!と超盛り上がりました!!ペットボトル数本&バスタオルも投げサービス満載で最高の夜でした。また、1stアルバムの中で一番思い入れがある曲として、その曲が出来たいきさつなどをこれまで以上に長く語ってくれた時は、管理人的にもグッとくるものがあり感慨深かったです・・・。また、珠玉のバラードでは左胸にマイクをあて、ファンのみんなに歌わせるシーンがありました(泣) ヒムロックの調子もノッて会場も一体となり群馬サイコー!!

4/1 群馬2日目
2日目も盛り上がりましたー!ヒムロックも東京・群馬と立て続けにあったからか、少し疲れた様子はありましたが、会場のみんなにパワーをもらったと最高の夜をプレゼントしてくれました・・・!!本日ペットボトルを投げなかったのですが、Wアンコもあり序盤戦最高潮に達したような気がします!また、今回もバラードでは数回左胸にマイクを当てる場面がありました。すごく魂がこもって歌っているのをみて、ヒムロックの気持ちがとても伝わってきました。ヒムロックありがとう。。

4/4 市川初日
愛してるぜ市川ベイベー!
前回ツアーのリベンジか!?めちゃくちゃ盛り上がりました!!
ヒムロックも会場に語りかけるシーンがあり、会場の一体感最高の市川!大雨で来てくれたことに感謝!サラリーマン(会社員)に感謝!気持ちをひとつにしようぜ市川(笑)!Wアンコールでは3曲もやってくれました!市川サイコー!!やっぱヒムロックはサイコーです!!!

(中略・・・)


7/7さいたまスーパーアリーナ初日
さいたまサイコー!ヒムロック「Case of HIMURO」以来のさいアリ!!ツアーファイナルで始まる前から最高潮に盛り上がって、オーディエンスも待ってましたー!という雰囲気で最高の一夜でした・・・!!!
「今夜年に1度のロマンティックな夜だぜ!!盛り上がろうぜ!」と途中MCが入っただけで、本編ぶっ飛ばしモード!ツアーの衰えも感じさせず(ヒムロックは何か初日みたい。。と言ってましたが)、最後までヒートアップしたライブでした!
そして!なんと!!サプライズな曲あり、、、きっと昔のファンにとっては珠玉のアンコールだったはずです。。管理人もここぞとばかりテンション上がって、感慨深かったです。。今日のライブは(も?)忘れられない最高の一夜となりました。ヒムロックの「愛」を感じるライブに乾杯です♪

7/8さいたまスーパーアリーナ 最終日
長いツアーの最終日でヒムロックもメンバーも、そしてオーディエンスも音楽的にも精神的にも会場が一体となった素晴らしいファイナルでした。ヒムロックがMCで「オレは態度が大きくえらそうな感じがするけど、すごく悩むことも多くて、ファンからのメールを読んでても皆オレと一緒なんだな」と言った表情には、嘘偽りのない真の姿を見ることができました。「好き勝手にやっていればなんとかなる」と言った照れ隠しの言葉の裏側には、全身全霊で音楽にかけるヒムロックの直向さが表れたような気がします。「自分が幸せかどうかなんて自分で決めるものだけど、オレは今すごく幸せだ」という思いは、こちら側にも伝わって私も今すごく幸せな瞬間に包まれていると感じました。鹿児島2日目の公演は残念でしたが、長いツアーのファイナルはヒムロックのファンであることの誇りを改めて認識し、私にとってこれからの未来につながる布石となりました。
ヒムロック、長いツアー本当にお疲れ様でした!また来年よろしくお願いします!!







LIVEトップへもどる