幼少の頃に近づいた「自分のヒーロー像」 (小学校5〜6年)
  「運動神経はよかった。体育の成績はずっと良くて、小五の時からソフトボールを始めた。その頃は町ぐるみで、五年生になるとみんなソフトボールをやる流れがあって、ソフトボールばっかりだったな。町内対抗の大会があって、賞をもらったりした。五年六年は女の先生だったんだけど、おだて方がうまくて、小学校のうちでいちばん勉強がまともにできるようになった。
自分のヒーロー像に近づいてきたなって実感があった。やっぱりケンカも強いし、勉強もできるって方が美しい。勉強はできたってほどできなかったけど(笑)、ヒーローになりたいって気持ちはたぶん他の子より強かったと思う。何でだろうってきかれてもわからないけど、持って生まれた性格じゃないのかな。

正義感って、きっとさ、そのころ親父がよく映画に連れて行ってくれたんで、『座頭市』とか立ち回りを見て憧れがあったんだと思う。いざという時にヒーローが出てきて助けるっていうヴィジョンが頭の中にあったよね。小学校に上がる前から映画ぐらいしか娯楽がないから、憶えているのは『座頭市』くらい。ともかく映画はヤクザ映画、ヒーローは強くて正義感のあるやつ。」
※参考文献24

子供の頃あこがれてたヒーローは?     1998.2
  「あしたのジョー」の矢吹丈。根拠のないむちゃくちゃなところがクールで自分の美学に訴えたんだろうね。ライバル力石のシブさがわかるのは大人になってからでしたけど


じゃぁ、嫌いなヒーローは?            1998.2
  「巨人の星」の星飛雄馬。根性、努力の暑苦しさ。明子が木の陰からただ見てるとこ、ヤでしたね。出てきてさっさとうさぎ跳び、ヤメローって感じで。



(おまけBOOWY時代のコメントをおまけで掲載しました。
  誰でもヒーローになれる時代だけど、たかがヒーローなんじゃないの、でも、落ち込んでてもヒーローになる可能性はあるんだぜ。
若い子達に言いたいことを書いた曲としてJUST A HEROを紹介した時のコメント)





Behave guys!!へもどる


直線上に配置